セールスコピーライティングでの仕事術

             

セールスコピーは、その商品の内容、魅力などを人に紹介してセールスする文章のことです。その文章を書く人がコピーライターですね。仕事で文章を書くなんて、特殊な仕事で誰にでもできないと思っている人も多いのですが、ネットが普及した現在、実はパソコン1つあれば誰にでもできてしまいます。うまくスキルを身につけることができれば、独立して起業できます。実際サラリーマンからそれで独立した人も数多くいます。売れるセールスコピーを作るには、どんなことをすればいいのでしょうか?

売れるコピーライティングを作るには、まず知識の吸収が必要です。知識がなければなにも始まりません。これはとにかく本を読むことが始めのステップです。最初から手当たり次第にたくさんの本を読めばいいというわけでもありません。速読技術があって、速いスピードで1日何冊も読めるという人は別ですが、普通はそう何冊も読めるものでもありませんし、本当に良いものを選んで読まないと、時間がかかりすぎてしまいます。評判のいいコピーライティング(文章術)関連の本を、ネットや書店で調べて、探して読みましょう。ネットで評判の良いものを書店で探して、少しずつ立ち読みしていくのも手ですね。それから文章は書けるけど、相手に意味が伝わる文章でないといけませんから、日本語の基盤がしっかりとした文章を心がけないといけません。意味が伝わる文章が書けるようになったら、マーケティングの知識も必要です。価値提供の概念について著されているものを選んで手にしましょう。セールスコピーライターならば人間心理に訴える文章も必要となってきます。

ある程度知識が身に付いたら、今度は文章の練習です。どんな練習をすればいいのか?たくさんの文章を読んで心が動かされた印象に残るものに出会えればいいのですが、それにはかなりの時間がかかります。ですから前述の本の中にある文章を、その内容の知識がある状態で何回も書き写すことが効果的な方法です。文章のプロが書いた本の中の優れた文章を、写経のよう自分の手で書き写すのです。文章の初心者の人であれば大変効果的かつ、効率的です。書きながら、ここでこんなテクニックが使われているとか、ああ、こんな効果を狙って書いているんだなという感覚が分かってくると思います。重要なのはどんな意図を持って、こういう書き方をしているのかなと考えながら写経してください。漫然とやっていては気付くことはできないです。この写経は、あるプロ作家もやっていたことですから効果は高いと思います。写経のお手本は本以外にもあります。ネット上のセールス用のサイトでもいいし、メーカーのランディングページ(LP)の文章でもいいです。最後に、実際に自分で文章を書く練習ですが、これはブログを作成してどんどん書いていくといいと思います。心を打つ文章には必ず応答があります。