youtubeの動画広告をする上で意識したいセールスコピー

             

youtubeは今、最もホットなメディアです。以前は若者中心のメディアでしたが、多くの国民が注目し始めており、スマートフォンやタブレット端末の普及によって、老若男女がyoutubeのユーザーとなりました。今、最も国民に広く広告を見てもらえるメディアとなり、若者のテレビ離れが加速している昨今、そちら側にコストを投資した方が良いでしょう。また既存のメディアとは異なり、広告手法の自由度がとても高いです。テレビCMや雑誌広告だと、媒体に制約が多く、製品やサービスの魅力が十分伝わりませんが、youtubeならアイデア次第で、様々なマーケティングが出来ます。

どちらかと言うと企業や製品時代の知名度が、大企業のそれよりも小さい中小企業こそ、youtubeを積極的に活用したいところです。広告内容を企画する事も大事ですが、まず前提として意識したいのが、セールスコピーの立案です。この部分で広告のアイデアと企画の良さが決まるといっても過言ではありません。youtubeは数多のユーザーが活用しますが、その見返りとしてセールスコピーがイマイチな動画はユーザーにクリックさえしてもらえませんので、ただ宣伝動画を作り、アップロードすれば成功するという事ではありません。

また既存の広告のセールスコピーとネット時代のそれは微妙に違っています。とにかく現代のネットユーザーはスピードが命です。のんびりとセールスコピーを見ている暇はありません。とにかく動画にコピーをつける場合は、ひと目で商品やサービスの魅力が伝わるように、短くてインパクトがあり、なおかつ新鮮味がある内容にしましょう。反対に良くないのが、長すぎるコピーです。文章が長すぎると、ユーザーが面倒だと感じてしまい、そこで動画を閉じられたり、あるいは見る前にスルーされてしまいます。

そして誇張したセールスコピーや誇大宣伝になってしまう文句も避けましょう。良いセールスコピーとは製品の魅力を、感覚的にユーザーに伝えられるものです。例えば「大きいチーズケーキがあります」という文章では製品の良さが伝わりません。一方で同じ製品でもコピーを少し工夫して「4人家族の誕生日に最適、美味しくて子どもたちも満足するチーズケーキが安いです」といった風に改善すれば、宣伝効果は良くなります。

改善したポイントですが、具体的に製品が役立つシチュエーションをコピーに織り込む事が基本です。また具体的な数字をそれとなく挿入するのも意識したい改善点です。更にユーザーがその製品をゲットした後で、どういった心理的満足感が得られるか、先にコピーに織り込んでおく事で、購買意欲を上手く刺激出来ます。