良いセールスコピーを書くためには顧客を知ること

             

オンラインで商品やサービスを販売するときには、ランディングページがなければ、なかなか販売量は伸びません。製品の品質が良くても、消費者は細かいデータをあまり気にしていないので、品質の良さをアピールすることは難しいです。オンラインで販売量を伸ばすためには、インパクトがあり、顧客心理を理解している、ランディングページがあることは必須の条件です。ランディングページを書くためには、いくつかの重要な注意点があり、押さえておく必要があります。まず、キャッチコピーはとても重要であり、売上を大きく左右するものです。キャッチコピーを変えるだけで、商品の売上高は大きく変化するので、魅力的なものを書く必要があります。キャッチコピーの他には、セールスコピーがとても大事であり、ランディングページの根幹をなすものと言えます。

セールスコピーを書くときには、ターゲットとなる顧客を、あらかじめ決めておく必要があります。ペルソナとも呼ばれますが、あらかじめターゲットを決めておくことで、セールスコピーの表現が決まります。同じような商品を販売するときでも、ターゲットが異なれば、セールスコピーも違ってきます。ターゲットが女性ならば、画像や分かりやすい表現を多く用いると、販売量は上昇します。逆に、ターゲットが男性ならば、データや専門家の意見などをランディングページに掲載しておくと、売上が増加します。また、ターゲットとなる顧客の、悩みを知っておくことも重要です。同じような商品でも、顧客の悩み次第では、アピールするポイントは変わります。ターゲットの悩みを知り、その悩みを解決できる商品だとセールスコピーで訴えることで、商品を販売できる確率は、大きく増加します。また、顧客が買いやすい決済方法を、ランディングページで載せておくことも、大切です。

適切なセールスコピーを書くためには、ターゲットとなる顧客を絞り込むことが、とても大切です。ターゲットが絞れていなければ、セールスコピーが漠然としたものになってしまい、訴求力は大きく減少します。仮に、ターゲットを自分で絞れず、ランディングページを書くことができなならば、外注をするという手段もあります。高品質なホームページと代行業者について詳しく調べておけば、外注先の得意分野を知ったり、外注後の手直しができます。セールスコピーを書くためには、商品のことを知る前に、ターゲットのことを知る必要があります。