キャッチコピーとセールスコピーの違いとは何か?

             

キャッチコピーとセールスコピーの違いは何かというと、キャッチコピーはほんのワンフレーズから数行程度の短い文章で表現されたもので、主に広告したい商品やサービスについて面白く心に残るような言葉で見た人の注目を集め、興味を持たせる事によって知名度を高めたり、良いイメージを認知させたりさせるために使われます。とにかく人の注意を引く必要があるのでかなりインパクトがあったりエッジがきいていたり突拍子もないような表現が求められます。
このようにキャッチコピーは商品について見た人の興味や注目を集めるのが目的の為、購入を促す必要はありません。その為どの程度売り上げに影響があったかは非常に分かりにくいという面があります。

実際に広告を出して、商品についての問い合わせや申し込み、購入などが増えたといった反応は特に必要なく、成功したかどうかの判断は、どれ位商品の認知度が世間に広まったかや、商品に対して興味や良いイメージをもってくれたかというものが判断基準となります。

一方セールスコピーとは商品を売る事が主な目的で、見た人に購入してもらう為に書かれた文章の事です。キャッチコピーが非常に短い文章であるのに対してセールスコピーは割合長文となる事が多く、内容も商品を購入する事でどのようなメリットがあるのかや、その理由、商品を購入した人の感想など商品の魅力をいろんな角度から伝えるという形になります。

セールスコピーは字の通り商品を売るための文章なので、直接見た人に商品の購入を促し、その効果は実際に売り上げとなって数字に表れます。例えいくら沢山の人の目に映って心に残ったとしても商品を購入してもらえなければ失敗となってしまいます。特に通販や求人情報だと広告を見て問い合わせや申し込みがあったり、実際に商品を購入する場合が多いので、非常にコピーは大切になります。実際に広告を出して何件の問い合わせや申し込みがあり商品購入があったか、そしてどれだけの利益が出たのかがキャッチコピーと違い数字としてはっきりと分かってしまいます。

例えば100万円を使いセールスコピーを使った広告を出した場合、1000円の商品だと最低でも1000個売れないと赤字になってしまいます。しかし1500個売れたとなると150万円の売り上げで50万円の利益となり広告は成功という事になります。

このようにキャッチコピーとセールスコピーは似ているようで性質は全く違うものなので、商品の広告を作る時は良く考えて商品に合ったほうを選ぶ必要があります。