セールスコピーにおけるキャッチコピーの重要性

             

コピーライティングは、コピーとも呼ばれており、コピーは読んだ方に、希望する行動を起こしてもらうように誘導するための文章になります。また、セールスコピーは、それを読んだ方が、対象となる商品を購入するという行動を起こしてもらうように誘導する文章になります。セールスコピーは、大まかにトップコピーとも呼ばれるキャッチコピーと、ボディーコピー、クロージングコピーの3種類の文章で構成されています。キャッチコピーは、広告を見かけた方に興味を持ってもらい、後に続く文章を読むきっかけになってもらうのが最大の目的になります。まずはキャッチコピーで興味を惹き後に続く文章を読んでもらわないと意味がないため非常に大切な部分となります。セールスレターを手にしたときや、セールス用の電子メールが着信したときに、その中身を読むかどうかについては、およそ3秒ぐらいで決まってしまうことが多いからこそ、気持ちを惹きつけるキャッチコピーが必要となります。

著名なマーケティング戦略の立案者が提唱しているPASONAの法則と呼ばれるものがあります。PASONAの法則のPは問題提起を、Aは煽りを、SOは解決方法を、Nは絞り込みを、Aは行動をそれぞれ意味していて、セールスコピーを興味を持って読んでもらうために必要な要素が詰め込まれています。まずは現状に問題があるということを問題提起で広告を見た人に気づかせることが必要となります。問題が存在しないと、その問題を解決させようとする行動に導くことができないためです。ところが近頃は問題を煽って商品を購入に導く手段は流行らなくなっていて、今では新しい法則が提唱されています。新しいPASONAの法則だと、Aは煽りではなく共感することに変えられています。まずは、問題を提起し、その人に共感をすることによって、自分に寄り添って欲しいという気持ちが高められる時代に移り変わっているためです。

自分の考えた言葉で広告を目にした方に行動を起こしてもらえるということに対して、コピーライターがやりがいを感じていることは少なくありません。自分から発信した言葉に価値があると感じることできることは、自分をある意味で肯定されていると感じるためです。一方で、夜通しの仕事も覚悟する必要がありますし、依頼者の無理な要求に応えなければいけないなど苦労をする面もあります。色々な業種の企業でセールスコピーを考案してくれる方を求めているため求人件数は豊富となっています。