ネットカジノは賭博になるのか

             

ネットカジノでお金を賭けて遊ぶとこれは賭博とみなされると考えて良いでしょう。カジノ法案が成立して統合型リゾート施設でのカジノは解禁という事になりましたが、他の賭博行為は日本は禁止になっていますから、注意が必要です。ただ、これからの方向性としてネットカジノが解禁になる可能性も高まったという事は言えるのかもしれません。

というのはカジノが合法化されたという事は、カジノという行為そのものが否定された違法というこれまでの見解ではなく、場所が問題という事に変わっていくからです。当然一般的なカジノが合法でオンラインになると違法になるという見解はまず取り締まるがわとしても矛盾があるという事は感じる事になるでしょう。パチンコがなし崩し的になんでもありになってしまったのと同様の事がネットカジノでも起きるという事は十分に考えられることになります。

規制が無くなっていく事の典型的な例として、例外というものを設けてしまうと、そこからどんどんと例外が増えて無くなっていくという事はよくある事です。パチンコなどはその良い例で、なんと今でもパチンコは賭博にはなっていないという認識なのですから、びっくりする人も多いでしょう。賭博ではなくてあれはゲームという事になっているのですが、誰もが当たり前の情報として、ゲームの景品がお店の裏でお金に換えられるという事になっています。

確かにゲームをしているその場での換金という事は出来ませんが、それだけでパチンコはゲームという認識にしてしまう事が出来るぐらいに法律というのは解釈次第でなんとでもなるというモノでもあるわけです。今の日本がギャンブル大国なのを見れば、いかに法律というモノが都合よく出来ているのかが分かるというモノでしょう。