ネットカジノ合法の国でも規制がある

             

ネットカジノは、合法とされている国でも規制がなされています。大きなお金が動くものであるため、公平に運営されるためには法律による規制が必要不可欠であるからです。ネットカジノが合法とされている国も多いですが、いずれの場合も運営するためには政府の発行するライセンスが必要です。ライセンスの発行要件は厳しく、会社の資金力や体制、背後関係などもチェックされます。

また、利用するプログラミングが構成であるかどうかも第三者機関からの認証を受けなければならなかったりと、誰でも簡単に運営することができるわけではありません。逆に言うと、ライセンスと認証を受けているネットカジノなら安全にプレイすることができるという一つの指標にもなります。

日本ではカジノは解禁されていないので合法的に運営されていません。将来的に解禁するという動きはありますが、現在ではまだ解禁されていませんので、もし運営しているとすれば違法です。海外で合法的に運営されているネットカジノに日本からアクセスした場合については判断が分かれています。いくつかの逮捕事例がありますが、それは日本人がかかわっていたケースです。理論的には賭博は開く側と参加する側があって成り立ちます。

したがって、海外で合法的に運営されているところにアクセスをしたとしても、実際は海外でカジノを遊んでいるのと同じように罰することができないのが筋です。ただし、実際はあいまいなところで、逮捕された場合でも外国で正式なライセンスを得て運営されていたけれど、日本人のみを対象にしていたからという理由で参加者が逮捕された事例もあります。そう考えると、日本からネットカジノをプレイするのには一定のリスクがあることになります。