しっかりとしたセールスコピーの書き方は

             

セールスコピーというと、キャッチコピーと勘違いされがちですが、似ているようで違うものです。そのため、しっかりとしたセールスコピーの書き方を把握するには、それらの違いを知っておくことが必要です。キャッチコピーであれば、広告のうちの商品や作品などに、興味を引くインパクトのある言葉が大切になります。スーパーなどのPOPにかかれているような、一文や一行、数行にわたることもあり、キャッチコピーでその商品の印象が決まってきます。それによって、商品の売れ行きを左右したりするため、重要視されるものがキャッチコピーになります。

一方でセールスコピーは、キャッチコピーのようなインパクトのある言い回しを使ったりするのではなく、マーケティングを考えてユーザーの購買心理を刺激して、商品を買ってくれるような文章を書くことが大事になります。そのためには、しっかりとポイント抑えて書くことが大事なので、覚えておきましょう。まず、書き方のポイントとしては、問題を挙げるようにしましょう。扱っている商品がある場合、それを買ってもらうにはユーザーの意識を向けるためにもある程度の道順は必要です。そのため、まずはその商品を必要としている人が抱えているだろう問題を挙げて、興味を引くことが大切です。問題を挙げたらそのままにしておけばどのような不利益になるのかも、伝えることが大事です。そして、商品と結びつけるために解決策を提示することで、プレゼンテーションを行います。そして、急いでいる場合など、緊急性を意識させ、申し込みしやすい心理にもっていくようにしましょう。このように、セールスコピーは、言葉のインパクトで興味を引くのではなく、問題点などを挙げることにより、ユーザーの意識に働きかけ、買ってもらうことになります。

結果が出るHPとライティング代行を依頼する場合には、その点も重要になります。業者によって様々であり、ライティング能力が高い業者や低い業者など様々あります。いろいろなコンテンツを製作する際には、業者に依頼する方が時間的にも楽に行えますが、注意が必要です。制作実績など、どのようなものを作っていたのか、確認できるのであれば確認することが大切です。その際に、自分がそのセールスコピーなどに購買意欲を刺激されたりしたのであれば、しっかりとしたライティング能力を持っています。業者に依頼することは費用が掛かるので、失敗しないようにしましょう。