セールスコピーのコツとネット通販のポイント

             

セールスコピーとはその商品やサービスに対して興味を持ってもらうことや購入や利用を文章によってその気にさせることを目指すものです。セールスコピーといってもその種類はさまざまです。またいわゆる広告などで見られる短いもので流行語にもなるようなものはキャッチコピーと呼ばれ、コピーライティングと呼ばれます。一方でセールスコピーでは、長い広告に使われるもので瞬間的なインパクトよりもその文章を読むことによってその商品やサービスの良さを強調し、利用や購買に繋げるものです。

コピーライティングにしてもセールスコピーにしてもコツがあり、ひとつはわかりやすいことです。特にセールスコピーで難しいところは一定の文章量が求められますが、短い文章と比べるとインパクトのあるものでも読むに従い次第にその興味が下がっていきます。このため飽きさせないようなものを作ることがポイントです。
また基本的な考え方としては、文章のすべては読まれないということで所々にセールスポイントを入れるといった工夫も必要です。一方で広告に見られるものとしては興味性、反社会性、具体性といったものがあります。興味性は文字通り相手が興味を持たせるようなもので、人が興味を持つようなものです。一方で反社会性も興味を持つものですが、ネガティブなものが中心です。人によっては嫌われるところですが、それでも最初に記事を読ませることができ、上手くキャッチできればそこから本質に持っていくことができます。また具体性は結果や科学的な裏付けを提示することで信憑性を持たせる方法です。これらの方法を使い分けて目的にあった記事を作るのがセールスコピーのコツといえます。
一方でこれらのセールスコピーをネット通販で利用する場合にはLP(ランディングページ)に設置するのが効果的です。LPは検索サイトや広告などで最初に訪れるページで、そこに魅力的なセールスコピーを設置することで購買やサービスの利用に繋げることができます。

ネット通販のHPと相場
ネット通販のLPは作ること自体はそれほど難しいものではありませんが、一方で収益に直結することから多くのWeb制作会社が行っています。特にリスティング広告を行っているような業者ではLPは重要になります。一方で
相場に関しては20万円以下が7割を占めています。そもそもLPの中身は訪れた人に商品やサービスの魅力を伝えるというもので、通常のWebページを作るよりも簡単です。またページ数も多くないため20万円以下がほとんどを占め簡単なものでは10万円程度で作成が可能です。