セールスコピーを書籍で学ぶ方法

             

今話題のHPと制作会社では、優秀なセールスコピーライターが活躍しています。セールスコピーに関する実践的な書籍も多数販売され、セミナーなども開催されています。セールスコピーが上達する良い方法は「写経」です。ただしお経を書き写すという意味ではなく、優れたキャッチコピーを書き写すことで、セールスコピーを身に付けるという方法です。またコピーライター向けの書籍には、「バカ売れキーワード1000」や「売る文章51の技」、「キャッチコピー力の基本」などが、売れています。コピーライターの活躍の場は、広告やダイレクトメール、オンライン広告などです。そして、近年、LPによる商品紹介ページなども、コピーライターの腕の見せ所となっています。LPには短いキャッチコピーだけでなく、長いセールスコピーも必要です。今売れている書籍では、リードコピーやボディコピー、ロングコピーなどの書き方を、初心者にもわかるように解説しています。コピーライティングの実用書は、1冊だけでなく、複数読むことが大切です。効果の出る宣伝文を書くには、多数のコピーを読み、感性を磨く必要があります。

また、実際にセールスコピーを変えただけで、コンバージョン率がアップした事例が複数あります。特に通販サイトで商品を売る場合は、ユーザーの買いたいという気持ちを高めるキャッチコピーが大切です。またコピーは的確な長さで、しかもイメージが合う画像とセットで挿入すると効果的です。そして自社が売りたい商材のターゲット層を調べて、ターゲットに合った言葉使いを選ぶ必要があります。さらにLPはペラサイトで構成されており、フレームは1カラムで、基本的にサイドバーはありません。他のサイトへのリンクもないので、セールスコピーが悪いと、ユーザーはコンテンツに飽きて読むのをやめてしまいます。

しかし読み手の悩みを親身になって書いている文章は、あまり離脱されません。そして悩みを解決する方法として、自社の商品を提示すると、一気に購買欲が上昇します。悩みが解決した画像や、商品を購入した人のポジティブなレビューなどを適宜入れていくと、コンバージョン率も高まります。ここ数年、漫画タイプで説明をするLPもあります。いずれの形式でも、ファーストビューには、目を引くセールスコピーを入れて、近くのエリアにコンバージョンボタンも設置します。ボディ部分では詳細情報を書き入れて、クロージングでは、期間限定のキャンペーン情報などを盛り込みます。コンバージョンエリアのキャッチコピーには細心の注意を払います。LP制作会社の中には、成功事例をアップしているところもあるので、閲覧すると参考になります。