どんな広告にも使われているセールスコピーの手法

             

あなたは、新しい商品やサービスの情報をどのように入手していますか?
新聞の折り込みチラシ、電車の中吊り広告、街の看板などひと昔前はこのような実体のある広告がメインでしたが、現在では、インターネット広告を目にする機会も多くなったのではないでしょうか。
どんな広告にも、共通して言えることはセールスコピーが含まれているということです。
セールコピーにはさまざま手法が使われています。今回はその手法を3つ紹介します。

【数字を使う】
この手法は、いまや定番中の定番となっていますが、必要不可欠な手法です。
例えば、「たくさんの人が満足しました。」というフレーズと、「100万人が満足しました。」というフレーズがあった場合、どちらの商品に興味を持つでしょうか?
同じように「セール中」と「3時間限定でセール中」だったら、どちらのお店に入りますか?
他にも統計データなど、ランキングなど数字を使うことはセールスコピーの鉄則となっています。

【問いかける】
また、商品へ興味を惹きつけるためには、問いかけを使う手法もあります。
「あなたが毎日飲んでいるお水、安全ですか?」
もし、こんなことをいきなり問いかけられたらどう思いますか。
あれ、うちの水って大丈夫かな?もしかして安全じゃないの?と不安になりますよね。
全く考えてもいなかった問題点を提示することで最初は興味のなかった人でさえも、
お客様に変えてしまうのです。

【購入後の未来を想像させる】
テレビショッピングなどで、実際に使っている○○さんがよく登場しませんか?
そして饒舌にその商品の良さを語っていますよね。
本当なのかなと疑っている人もいるかもしれませんが、実は疑っている時点でその商品に興味津々ということなんです。使っている人の感想を聞くことで、一種の疑似体験ができるのです。
自分が使ったらどうなるかな、こんな時に役立つかもなど、購入後の未来を想像させることで自ら必要性を見出してくれるのです。
セールスコピーに応用するなら、こんなフレーズはいかがでしょうか。
「運動会でカッコいいパパになろう」
ちょっと派生しすぎかもしれませんが、これがスポーツジムの広告に書いてあれば
子供の運動会のためにカラダを鍛えなければと思うお父さんもいるのではないでしょうか。
商品を購入したりサービスを利用することで、購入者に明るい未来を提供することができるということを知ってもらうのです。

【まとめ】
このようなセールスコピーの手法は他にもたくさんあります。
現代はこのような手法をインターネット広告でも取り入れており、ランディングページを活用して宣伝する企業も多くなってきました。
ホームページの制作代行を行うサービスもありますので、ぜひそのようなサービスも使って商品を宣伝してみてはいかがでしょうか。